こんにちは!

April 7, 2021

競馬の色と景色

馬と人が共にある競馬の姿がとにかく愛おしい。そんな景色として捉えています。
ギャンブル、娯楽、スポーツ、日本の歴史、経済動物、ホースセラピー …認識や感じることは、どれもがその人にとっての真実の色と景色そのものです。

おもしろくしたい、ヒューマニティーを持ち続けたい

これらの色や景色は無意識のうちに塗り替えられていきます。
現代における無尽蔵にある情報によって、その色や景色は無意識で塗り替えられていることに気づくことは多くありません。 この無意識にマーケティングされた状態に気づかず生きることは、あまりもおもしろくないなと、我に返ってしまいました。 自分の無意識をおもしろくしたいと思いました。

人間らしい、
「歓喜したい」
「ただ好きなものに没頭したい」
「共感したい」
自己にあるヒューマニズムを感じ続けたいと思いました。


2021年現在、日本の中央競馬は、その開催予定の競技を一日も中止することなく実施し続けています。
医療従事者と同じように、競馬の厩舎厩務員や関係者たちは、雨の日も、風の日も、猛暑日も、真冬日も、原則として毎日稼働しています。
競馬開催を支えているのは、競馬の世界に関わる現場で働く彼らの毎日の積み重ねです。

競馬の発売金(勝馬投票券、通称 馬券)から返還金(的中馬券の払戻金)を引いた金額(売得金)から納める国庫納付金は、国へ納められる税金の一種です。単純計算として2020年は約300億円ほどになり、日本や日本国民の生活を支えています。

中央競馬の売得金は、2014年以降、前年比を割れることはなく、現在も増加傾向(2018年 約2.79兆円、2019年 約2.88兆円、2020年 2.98兆円)で推移しています。国庫納付金も増加しています。
マイナスの面では、馬券的中の収入は、即時性があり投機の思考を無意識に増幅させ、ギャンブル依存症への関係性も無視できません。

広がりとしては、競走馬を引退した馬の支援活動や馬術(オリンピック馬術も含む)関連事業を代表とする競馬のステークホルダーとなる領域を包み込み、競馬の啓蒙活動へと本格的に舵を切りはじめていることも挙げられます。

競馬のあり方は、万華鏡から見える景色の如く、広がりながらその姿を変えていきます。


競馬が止まず、競走馬たちが走り続けるなら、経済も世界も止まりません。
目まぐるしく遷り行く世界と毎日に向き合うことが、経済やそれぞれの毎日を支えていきます。
景色はどこまででも豊かになります、奥行きと深みのある美しい景色であっでほしいです。

シャイニングライトとタイセイコマンド

自責のある毎日 生死と隣合わせの365日だから尊い

競馬は毎日が学びです。なぜでしょうか。
自己責任という言葉がついてまわる環境が日常にある世界だからです。

それは、人馬ともに、本気で向き合い、競走馬は能力の限り走り、人間もその可能性を信じその馬の能力を引き出すべく調教を行うことにあります。生命と生命のぶつかり合いで、お互いの肉体や精神をむき出しにしてそれぞれの目標をもって切磋琢磨しています。

競走馬はいつ怪我をして死んでしまうかわかりません、人も競走馬に騎乗中に落馬したり、共に活動することで生物としての不意の行動に巻き込まれたり、生死と隣合わせなのです。

そこから学ぶことは、「自分の行動により生死を分かつ」ということです。
毎日を無意識の本能による自己責任で着実に生きるようになります。


なぜ、競馬から学ぶことが多いのか。やっと気づくことができました。
馬券購入も自己責任です。身を持って学ぶ生きる学びは、人間を人間らしくする強さがあります。
これが尊くないとしたら、何が尊いのでしょうか。競馬が世界を変えると思う理由はここにあります。